« October 2007 | Main | December 2007 »

November 2007

November 15, 2007

N響ヴィルトーゾカルテットの演奏に感激(11月15日)

11.15(木曜日)富ヶ谷のハクジュHallに、N響メンバーのヴィルトーゾカルテットを聴きに行く。
以前どこかで入手した『ぶらあぼ』の記事を見つけて思わず予約したもの(確か、「Ms.某」インタビューじゃなかったか??)。演奏会の前のTalkで斎藤(ま)@1stVnが説明していたが、雑誌(おそらく『ぶらあぼ』)に掲載された日には予定の公演が完売してしまったらしく、KAKOと二人で行ったこの日の演奏会は、追加公演なのに、初日..という変な演奏会。出演者4人の生soundを聴きたくて楽しみにしていたものだった。
出し物は、「不協和音」とバルトークの4番。
前者の方は、まだ演奏会始まり立ての緊張感からか、ちょっと落ち着かない所もあったけど、一人一人の「豊かな音色」に満足モード開始。店村さんのweightの乗った艶やかなVla Soundは想像以上のモノだった。(ビオラってあんなに良い音だったっけ?Vnの音よりも好きになったかも..)
旋律的にVlaが最高音を奏でて二人のVnのVirtuosoがオブリガード的に絡むような所があったのだが、まさに暖かみのある美音。
後半のバルトーク4番は初めて聴いた曲だったが、結構ハマった気がする。今CDを検索中(どこの演奏がいいかなぁ?尾お奨めは??>all)3rd mov. 藤森さんのチェロがお腹の底から響いてくる、、この曲は1st mov と5th mov 。2nd movと4th movがシンメトリカルな構造になっているらしいが、複雑なリズムと「切れのある(ビールではない)サウンド」が織りなす弦楽のアクロバティック芸術..という感じ。4人の演奏力量が最高に発揮された舞台となった。
楽しみにしていた臨太郎くんの生サウンドも暖かいふくよかなサウンドだった、、2ndだったので、高音の魅力は分からずじまいだったが、、(N響の鶴我さんが著書の中で「至福の音色」のように形容していたので、いつかそれを耳にしてみたいものだと思う。(まぁ...直にコンマスになられるのでしょうけど、、、))

それにしても、、白寿って、どういう会社?変わった椅子を製造してウン十年らしい。経営者が音楽好きなのだろうなぁ。結構良いホールだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2007

本番に向けての集中練(Nov 11th)

12月の定期演奏会に向けて土日を使った集中練習があった。今度の演奏会の最大の難関はプロコフィエフの古典交響曲。
聴くには、とっても楽しい曲。曲の乗り!も最高。しかし全てはちゃんと弾けての話。本当に難しい....
以前にT先生に、プロコの古典はどうですか?と尋ねたら「僕らでも難しくて弾きたく無い曲の一つだね」と話していた事を思い出す。Dynamicsの音程の大きな変化の中で、ppで、高速なテンポで、如何に軽やかにin tempoで弾けるか...。テヌートだったりスピカートだったり紙一枚だったりする「音の始末」をスピードの中でどうコントロール出来るか、、など解決すべき事項がてんこ盛。あと3週間でどこまでlevel up出来るか、、、頑張らなくては。(それにしても、あらためてTAOの演奏を聴くに、、素晴らしい!!)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2007

Y響の楽器体験会のインストラクター(Nov 4th)

いつもお世話になっているトレーナーの先生からの紹介で、Y響の演奏会の前に行われる楽器体験コーナーにインストラクターとして参加した。対象は「楽器に興味はあるけども触れた事が無い」演奏会来場者で小学校低学年生から大人の方までの幅広い年代(大人の為の..と銘打っているので、、もっと大人ばかりと思ったが、、)

バイオリンを持った事の無い人に弓の持ち方、構え方を教えるのは、、、と思い返してみても、経験が無かった!学校時代に後輩にアドバイスをする事はあっても、既に先生について練習していて、ある曲のあるフレーズについての指導くらいなもの。
「はい、じゃバイオリンを僕がするみたいに顎にはさみますよ〜」と言ったら、あごあてを右の頬下の方に挟む人とかいて、、「あ”〜待った待った〜」といきなり「まさかの坂」に直面。

自分が小さい頃に先生にならったように、弓を持つ事をさせるも、、これまた至難の業。
弓をまっすぐにダウンボウさせることが如何に人間の体の摂理に反した動きを強いているのかという事を改めて感じたのだった。
柔道の技や、平泳ぎのキックとか。体の動きを体得する系統にすべて通ずる事かもしれないが、初心者に最初の一歩を指導することが如何に難しいか痛感した。(勿論、適当に...なら別だが、つい本気になってしまうのだった..)

2時間近くでのべ10人程の手ほどきを体験したが、やはり大人よりも子供の方が「無理な(ヴァイオリンを弾く)形」をものにし易い傾向があった。小さい子の方が、新しく体験する肘や手首の動きに体が適応しようと反応しているようにさえ見える。大人の場合は、自分の「何かの経験」になぞらえようとするせいか、無理が生じて関節がコチコチになる傾向があった。

指を押さえて音が変わる事をマスター(キラキラ星の出だし)した小学校1・2年の子が、目を輝かせているのを見たときは、はっきり言って凄く嬉しかった。

一方、人に教えるだけではなく、一緒に行ったうちのオケの仲間と楽器を交換したり(大学入り立ての頃にはしてたっけ)して、初心者体験も楽しんだ。
クラとホルンの音がそれっぽく出た(結構苦労した)のは初体験。単純に嬉しかったなぁ!(やはり人は鳴りものにワクワクする性なのかもしれない。)
でも、僕に教えてくれたTさんやOさんも..「ん〜どうして音が出ないのかなぁ、、普通に吹けば音出るヨ..ホラ(と手本)」ちょっとムっ...と来た
(この生徒体験を先にしていたので、あとで自分が教えるときに小さい子の気持ちになれたのだが、ドレミを弾く(吹く)事はどんな楽器も大変な事なのだ、、、)

チェロの試し弾き
チェロを弾いて思ったのは、楽器の底板が響くような体重の掛け方の妙だった。いつも小さい楽器(提琴の事)を弾いていると、ちょっと弓でこすればすぐ音が出るわけだが、大きい楽器はきちんと加重してやらないと楽器がならない。箱が共鳴して初めて弦楽器の発音が成立するわけだから。体験会を終えてから、「底板意識」が今ちょっとしたmy boom。

人に教える事、教わる事は、いい機会になったようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »