« 本番に向けての集中練(Nov 11th) | Main | 流れ星バッチリ »

November 15, 2007

N響ヴィルトーゾカルテットの演奏に感激(11月15日)

11.15(木曜日)富ヶ谷のハクジュHallに、N響メンバーのヴィルトーゾカルテットを聴きに行く。
以前どこかで入手した『ぶらあぼ』の記事を見つけて思わず予約したもの(確か、「Ms.某」インタビューじゃなかったか??)。演奏会の前のTalkで斎藤(ま)@1stVnが説明していたが、雑誌(おそらく『ぶらあぼ』)に掲載された日には予定の公演が完売してしまったらしく、KAKOと二人で行ったこの日の演奏会は、追加公演なのに、初日..という変な演奏会。出演者4人の生soundを聴きたくて楽しみにしていたものだった。
出し物は、「不協和音」とバルトークの4番。
前者の方は、まだ演奏会始まり立ての緊張感からか、ちょっと落ち着かない所もあったけど、一人一人の「豊かな音色」に満足モード開始。店村さんのweightの乗った艶やかなVla Soundは想像以上のモノだった。(ビオラってあんなに良い音だったっけ?Vnの音よりも好きになったかも..)
旋律的にVlaが最高音を奏でて二人のVnのVirtuosoがオブリガード的に絡むような所があったのだが、まさに暖かみのある美音。
後半のバルトーク4番は初めて聴いた曲だったが、結構ハマった気がする。今CDを検索中(どこの演奏がいいかなぁ?尾お奨めは??>all)3rd mov. 藤森さんのチェロがお腹の底から響いてくる、、この曲は1st mov と5th mov 。2nd movと4th movがシンメトリカルな構造になっているらしいが、複雑なリズムと「切れのある(ビールではない)サウンド」が織りなす弦楽のアクロバティック芸術..という感じ。4人の演奏力量が最高に発揮された舞台となった。
楽しみにしていた臨太郎くんの生サウンドも暖かいふくよかなサウンドだった、、2ndだったので、高音の魅力は分からずじまいだったが、、(N響の鶴我さんが著書の中で「至福の音色」のように形容していたので、いつかそれを耳にしてみたいものだと思う。(まぁ...直にコンマスになられるのでしょうけど、、、))

それにしても、、白寿って、どういう会社?変わった椅子を製造してウン十年らしい。経営者が音楽好きなのだろうなぁ。結構良いホールだった。

|

« 本番に向けての集中練(Nov 11th) | Main | 流れ星バッチリ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference N響ヴィルトーゾカルテットの演奏に感激(11月15日):

« 本番に向けての集中練(Nov 11th) | Main | 流れ星バッチリ »