June 25, 2007

iPhone in Japanの行方 & Zen New Model

▼iPhoneを日本で導入するのは、DocomoかSoftbankかauか・・・
ITMediaの記事(http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0706/20/news059.html)。
Apple信者としては、29日の米国発売を指をくわえて見ているのは辛い。どこの通信系でも良いので早く実現して欲しいもの。
 採用したら、そくMNPで移民してあげるからね!

▼Zen 石ころ
itunesべったりの私ながら、このかわいいデザインとベルトにぶら下げた様子はチョット購買意欲をそそります。かつて商品企画でカラーバリエーションは鬼門と云われた時期がありましたが、昨今はマーケティングとマニファクチャリングの連携がすばらしいのか、、よくこういう事が出来るな...と思います。

クリエイティブメディア株式会社は、有機ELディスプレイを備えた小型オーディオプレーヤー「ZEN STONE PLUS」を6月23日より順次発売する。価格はオープンプライスで、同社直販価格は9,800円。

 本体カラーは6色を用意し、ブラック(BK)、ホワイト(WT)、ピンク(PK)は6月23日、ダークブルー(DB)、レッド(RD)、ライムグリーン(LG)は6月30日に発売する。なお、レッド、ライムグリーンは直販サイトの限定モデルとなる。内蔵メモリは全て2GB。


Impress記事(http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070621/creat1.htm)より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2007

携帯modeあるのかぁ

しらなかったぁ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2007

離れたマシンを操る快感!

いくつかのコンピューターやサーバーを複数代運用していると、切替機を使ってディスプレー等の周辺機器を共有するケースがある。各マシンが手元にある場合はまだそれで操作が可能だが、ネットワーク上の離れた所に点在する機器を操作するとなると、これも出来ない。

結果ネットワーク管理者の多くはターミナルコマンドで遠隔地のマシンにログインして、手元のマシンからネットワーク上のマシンをリモートコントロールするのが常である。しかしGUIを当たり前のように操作する昨今ではもう少しNatural(そう、ナチュラルという対象が変化しているのだ)に操作したい。

そこで改めてこれだ!..と思ったのが、VNCやRemote Desktopといった仕組み。

今から10数年程まえ、 UNIX上にNCSA Mosaicが登場しアメリカのワールドカップの結果をインターネットで見て感動していた時代。Exodusというソフトがあり、ネットワーク上のマシンの画面をそのまま手元のX windowに表示するソフトウェアがあった。筆者はその頃もMacintosh上でうごくExodus Clientを使ってNEWS(そういうマシンがあった!)にアクセスしていたが、いかんせん、ネットワークも遅いし、ビットマップの書き換えにイライラ(むしろ諦めに近いものすらあった)しながら操作したものだった。そのため、かなりRemote Desktop系の導入に抵抗感があった。

しかし、今は家庭の中でも100MのLANを敷き、10M以上の高速で機器間通信をする時代。プロセッサーもGraphic Boardもかつてのスパコンを膝の上にのせているに等しい。きっとサクサク動くのではないか、、と思いインストールしてみた訳である。

VNCはVirtual Network Computingという技術で、ネットワーク上に繋がった他のマシンの画面をそっくりそのまま操作する技術。ATT ケンブリッッジラボで開発され、完全にFreeで入手しMac/PC/Unix間で相互操作を可能にするソフトである。


ここでは、家庭内に複数台のMacを持ち、自室にあるデスクトップMacをリビングルームにいてLaptop Macから操作する事を想定して考えてみる。

◆準備

アプリケーションは、サーバーソフト(操作されるMacに導入する)とクライアントソフト(操作するMacに導入する)が必要になる。

[サーバーソフトウェア]
・VNC4X
 http://www.fan.gr.jp/~sakai/vnc.php から入手
 システム環境設定の中の項目に追加されるので、使い勝手は良い
・OSXvnc
 http://www.redstonesoftware.com/

どちらも、インストールはいとも簡単設定もパスワードを設定する位で、準備OK。

[クライアントソフト]
・Chiken of the VNC(以下cotvnc)
 http://sourceforge.net/projects/cotvnc/
 '07.1.18に2.0b4がリリースされた。
 Universal Binary対応。Subcoding errorの解消(ZRLE encoding)。文字Paste時のエラーの解消。Bonjourサーバー接続の問題改善などが盛り込まれた。

こちらも、指示に従いインストールすれば、OK

フルスクリーンモードの設定がUSキーボードの
・option+Command+Shift+[`]
にDefaultで設定されているので、cotvncのpreference(環境設定)で、好みのキー等に置き換えるのが便利だろう。

◆使用感

.11bなどの低速の無線Lanで接続していても、多少もっさり感はあるが、充分使用にたえるモノである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 29, 2006

Perish the Clickwheel on iPod

Apple's Patent leads various comments on blogs.

Apple Computer has filed a patent for an iPod-like device that has a touch-sensitive bezel around the display and can toggle between several different operating states....(c|net news.com)

Apple_patent_460x323


パテントに出す事=必ずしも新商品化ではないし、、、多くの人がコメントしているように、色々なfeatureをadd-onする時の事を考えての事なのだろうと思う。

特許の図示は上記のようにあきらかにiPodを連想させるものになっているが、
パテント上は、「Areas on the bezel are designated for controls used to operate the electronic device」であるし、MacBookの液晶周りのBezel部分に様々な機能が入っていてもいいわけ、、、。

美しいMacのデザインをみていると、他のPC企業のような色々なファンクションボタンを配置したくないだろうから、このパテントのアイデアを使ってLaptopを換えてくるのではないか.. と一人妄想をいだいてしまった。

そういえば、かつてSony Profeelはベズルに各種のファンクションを持たせる斬新なデザインを持っていた。Black MacBookの液晶のベズルにポッとオレンジ色に各ファンクションが現れたら、、、、
ソニー好きなSteveだったら考えてもおかしく無いと思いませんか?
1563586


一方iPodにこのパテントのインターフェースを直反映させるか、、ですが、私は「iPodに使わないに1票」です。あのClick wheelは、回し続ける事で、音量や先送りの可変量を変化させる事ができる...という『つまみ操作』に似た、非常に人間的な操作感覚に根ざしているものだと思うのです。
あと、指の太い細いで、押す場所にエラーがあったら、、など考えると小型のCE機器での実現はクレーム対策のリスクが大きい気もします。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 23, 2006

Gmail ダウン?

時折、Googleパーソナライズドホームから、gmailが見られない事があるが、今日はやけにGmailが重い。しかも短時間だがダウンしていたのか、自分のメールページが開かない事もあり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2005

Hyper-Link on PPT

知り合いから聞かれて、あらためて設定の仕方を確認したので、BLOGに上げようと思います。

ハイパーリンクというとinterfaceの世界でも、webの世界でも当たり前の言葉ですが、Microsoft Power Pointのハイパーリンクは独特の機能を持っています。

1)スライドショーでプレゼンテーション等を行う際に、同一ファイル/他ファイルの任意の場所にJumpする為の機能
2)プレゼンテーション中にインターネットのホームページを参照する際などに利用する、リンク機能
を主な機能として揚げる事が出来ます。共にスライドショーモード(標準表示やスライドリストでは利用できません)で使用するFeatureです。

設定の仕方は極めて簡単です:
a) プレゼンテーションエリア内(スライド)にリンクを作成するObjectを用意します。
b)ObjectをSingle ClickしContext Menuを開きます。
c)オブジェクトの動作設定を開き、目的のリンク先を選択します。
ppt-obj-set
d)SAVEし、スライドショーモードを選択し、実行します。

他pptファイルの任意のページにJumpして際は、[esc]キーを押す事によって、
元プレゼンに復帰しますが、同一ファイル内他ページの場合は戻りません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)