January 21, 2007

納豆に罪は無い - 放送のモラル

『番組ねつ造』日曜朝刊の一面見出しの衝撃の一文に目を奪われた。

この数週間、あるある大辞典の『納豆で痩せる』を見た多くの視聴者は市場の納豆不足と戦い、明日のスリムな自分の体型を夢見て「頑張った」のではないかと思う。
過去の幾つかの生活情報番組で「やらせ」や「うその健康療法」が発覚し、番組を終了してゆくなかで、『あるある大辞典』だけは、本物だから、、と信頼して見ている人は私以外にも沢山いたと思う。

「あーあ、、この番組もやっぱりウソで固めた番組だったのかぁ」


信用した自分に一抹の情けなさを感じる。

不二家の隠蔽工作もそうだが、「利」を得るために虚偽を重ねる企業モラルの無さが悲しい。
以前あった、「生のインゲン豆の砕いて食す事による健康被害」は無かったし、納豆自体は体にいいものだから、摂取する事で別の効果もある。さらには納豆業界は急激な活性化に喜んだかもしれない。
しかし報道の信用を失うという汚点は、見るものの心に大きなショックをもたらしたと思う。
何の番組を見ても「またウソだろう」と。

この不信感を番組制作者はどのようにぬぐい去ってゆくのだろう。
視聴率獲得、スポンサーからの大きな収益、親会社からの安定した制作委託、、これらのドロドロしたものを意識せず素直に番組を享受できるような、企業倫理を早期に確立してもらいたい。

最大瞬間風速の如く、マーケットのスターになった、、納豆!
これ自身に罪はない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)