July 24, 2007

7.14の日記から:黒木さんとの別れの儀に思ふ

Sony_jt
連休に、かつての組織のTopであった黒木靖夫さんのお通夜に参列しました。会場脇の記名札には、業界の有名人が並びいかに大物、、デザイン界の重鎮であったかがわかります。。

黒木さんとは、組織的に直属の上司ではなかったけど、
MDになって初めての宴会が、黒木さんを囲む会で、ガラス製のパターを皆でプレゼントしたのがとても印象にのこっており、その後も幾度となく、師(と私も勝手に呼ばせていただく...)から、パワーと激を受けてきました。

『インダストリアル・ディザァインというのは・・』と師のDesignの発音は独特でいつも頭の中でこだましていています。
勿論発音だけではなく、ウチらしいデザインを作る事、そしてそれを継続的に生み続けるマネージメント論を語る師の一挙一動をいつも食い入るように見、聞き入ってました。

 年齢からは想像も出来ない、「切れ味の鋭いコメント」には、何か『あ~、話を聞いて良かったぁ』とスッキリ感があるのですから、本当に不思議。

ともかく

・ネアカであり
・あたらしモノを創世する才に長け
・人に簡単にReplaceされるモノを作るのでなく、文化をこしらえるンだ...と説き
・ソニーというブランドを全身全霊で磨き上げて来た

井深/盛田ismの『具現化請負人』、まさに其の人であった...と

振り返ってみて改めて感じました。

むかし、「ハイビジョンTVって、とてつもなく高価で、売っても一銭の利益にもならない、、そんな商品ですが、担当させて貰ってます...」と云ったら、上記の3番目の言葉を
賜った訳。つまり、『どうせやるなら、それで最高の映像文化を家庭にもたらせよ』とおっしゃってるんだと、そのとき解釈したのでした。

今他社との競争などで、とかく『側から入る.... (他社とcompete出来るspecの箱を用意する..とか)』『利益の為に..する』という事がどこの企業でも当たり前に行われているけど、ソニーは「それだけじゃイカン」との言葉を残して天国に行かれたのだと、、思います。
一パダワンとしてしっかり、その「こころざし」を持って生きて行かなきゃいけないな..と思います。

一回読んだ本も含めて、黒木さんの著書をもう一回全て読見直してみようかな...と思います

関連記事:
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0707/17/news066.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2005

猛暑..東京で36.2度!?6月で史上最高?

あっつーい!!本当に今日は暑いです。近場に買い物に出かけたのですが、顔が熱で火照ってくる程暑かったです。先ほどExciteのNEWSに東京で気温36.2度を記録したと報じられていました。体温よりもあがってる。まだ6月なのに、、、やはりこれも異常気象なのでしょうか?道ばたで、年配の女性の方が熱中症なのかうづくまっていて、周囲の人が看病しいるのを見ました。
このような天気の日は、(年配の方や体調が優れない方は特に)帽子や日傘等は忘れずに、あとなるべく水分を沢山取るようにしなくてはいけませんね。最近は、吸収性の高いスポーツ飲料などもありますから、水や茶では胃がブカブカという場合は、これらを利用するのも良いかもしれません。一気に大量に飲むというよりも、いつも小型のペットボトルを持ち歩いて、少しずつ水分補給をするように心がけたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2005

バレンタインデー

 一時期の熱狂的なバレンタインデーブームに比較すると少々穏やかになっている気がする。
かつては職場の通路にバレンタインのチョコ輸送/引き取り用の社内便段ボール箱が置かれる程、大量なチョコ(本命/義理含む)が乱れ飛んだものでした。

| | Comments (0)

January 01, 2005

謹賀新年

あけまして、おめでとうございます。
紅白もおわり、、、「いつものように」ゆく年来る年をみながら、、新年を迎えました。
愛知万博の年、、ですか(番組の内容から...)。訪れるスケジュールをそろそろたてなければ、、
家族全員の健康と安全、一層の躍進を祈り且つ、日本の経済・社会全体の好転を期待し2005年を突き進んでゆこうと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 31, 2004

寒い大晦日

今年もLast day ..本当にいろいろな事がありました。。
それにしても寒い大晦日になりましたね。。午前中に雪がふらなかったので、、これは予報だけで終わるか、、とおもっていたのですが、降り始めてあっという間にどっかり積雪!大晦日の雪も経験が無いですが、、スコップ(昨年買っておいたのでした)で玄関前の本格雪かき、、、。大掃除にオプションが付いた感じ。(雪かきは、ちゃんと腰いれてやらないと、、、手首や腰に結構来るものだと、、、痛感)明日は、、、天気が良くなるようで、、。スカット晴天の元旦に初詣、、とゆきたい所です。Bye 2004 !

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2004

クリスマスの片付け...

一日遅れでクリスマスの片付けをすませた。家の外のサンタの電飾に、クリスマスリースとその電源まわり、、。家に入ると、今度はツリーやクリスマスの飾り付け...。
 毎年の事だけど、あんなに盛り上がって、飾り付けた1ヶ月前を思うと、なんだか寂しいきがする。一年の中で最高に楽しいクリスマスシーズン、、待ちこがれて迎えた日々もあっという間に終わってしまった。来年のクリスマスまで一年、、また長く待ち遠しい日々が始まる。来年こそは、ことしやれなかったアレコレを達成させるんだ、、と心に誓って。飾り付けは近所に負けないぞ。。。家の中のTreeだって、新調するんだ、、、と。でも、次の一年、、健康で無事に同じように楽しいひとときを迎えられるのだろうか....片付けながら、いつもの不安が脳裏をかすめる。。。
Be Happy and I hope truely happy new year !自分の幸せは自分で作るしか無い...か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2004

満員電車に思う....

私の通勤電車のコースは、東京都の最悪激混路線のBest10に間違いなく入っていると思われる(そんなベスト10聞いた事ないけど)小田急(急行)と井の頭線を含んでいます。
  この2lineの乗車状況は一日中(定常的に)劣悪なのです。12月10日にダイヤ改正があって、色々な種類の急行電車がセットアップされましたが、私の乗る成城学園から下北沢の間は乗り心地に何の改善も全くありません。急行(準急)に乗ろうと思ったら、体の3ないし4方向は他人に刷れるもしくは圧着している状況。緩行電車はガラガラに、、待ち合わせの急行電車は寿司詰めにして輸送するというのが小田急電鉄のポリシーのようです。ロマンスカーや快速急行などで中長距離通勤者は恩恵を被る様になったようですが、近距離ユーザーも心地よく通勤出来るダイヤ構築は出来ないものなのでしょうか? せめて自分と中サイズの鞄を持って乗車しても周囲の人々との接触で互いに不快感を持たない程度に 。。。
あと、特に合点が行かないのが、車内の空調コントロールですね。車内乗車させすぎて窓が露をうっているのに、車内はムンムンの無風状態で、「暑い所は窓を開け外の空気を」とか「換気にご協力」と言っている。ギュウーギュー詰めの電車に乗り込んで、どうやって自分の意思で離れた所にある窓が開けられると云うのか。大声で叫べ...という事?車内に風を通す為には2カ所開けないと風が抜けないし、電車会社も客あってのサービス業なのだから顧客満足度をUp(少なくとも、最悪の気分を是正する意味でも)のために、車掌を含め会社側が社内の温度を含めた快適性に気を配り、こまめに空調のコントロールをしたり、車掌自らが終着駅での窓開けをおこなったり、、してもらいたいものです。風邪のはやっているシーズンだし、、、せめて奇麗な空気で通いたいものです。

-----
Yasuhiko

| | Comments (0) | TrackBack (0)